最近の結婚式 | 個性的な結婚式を挙げるために必要な工夫しよう
人生を振り返る”感謝”と”行ってきます”を贈る

最近の結婚式

最近の結婚式の傾向は

皆さんは結婚式といえばどのようなものを想像しますか。和装と洋装のどちらかというイメージがあるのではないでしょうか。最近のウエディングの特徴として、自分たちオリジナルのウエディングを作ろうという傾向が強くなりました。音楽や席次表、メニューや招待状などを自分たちで作成する、もしくは数あるサンプルから自分たちの好きなものを選んで全体をコーディネートします。コーディネートを自分たちでするということは、もちろんそれだけの費用が必要になってきます。自分らしい結婚式をしたければすべてを自分たちで用意しなければなりませんので、必然的に費用がかかってしまいます。できるなら、すべてを自分たちでとは思わずに、妥協できるところは妥協したほうがいいかもしれません。

これまでの結婚式とこれからについて

今までのウエディングは、結婚式場やホテル、神社で行われることが多かったのではないでしょうか。最近では、今までのものに加えてレストランウエディングやゲストハウスが登場しました。ヨーロッパ式の結婚式に憧れる人たちがゲストハウスで挙式をしたり、費用を安く済ませたい人はレストランで挙式をしたりという形態になってきました。これからの結婚式は場所を選ばない自分たちだけにしかできないウエディングをする傾向が強くなるのではないでしょうか。もしこれから結婚式を考えられるのでしたら、予算などを考慮したうえでオリジナルの結婚式がしたいのかそれともある程度準備されている環境で準備を進めたいのかをある程度決めてから式を挙げると良いでしょう。